Blessingの動画の背景映像はどうやって作ったの?

Blessingの動画の背景映像はどうやって作ったの?

Blessingの背景映像にはモーショングラフィックスが使われています。

SenseFrame」のモーショングラフィックス映像を、「AirServer 」という画面共有ソフトを使い、PC画面で表示し録画しています。

その録画した映像を動画師のみなさんが背景素材として配置し、Blessingの動画が作られています。


それぞれのアプリは以下のサイトより無料でダウンロードできます。

SenseFrame AirServer

快く使用許可をご快諾してくださったSenseFrame開発者さまに深く感謝致します。
ぜひみなさんもSenseFrameに触れ、遊んでみてください。

SenseFrame開発者さまより二次創作の許可を頂いておりますので、詳しくはこちらの「表示」の項目をご確認ください。
●クリエイティブ・コモンズ・ライセンスとは

SenseFrameで映像を動かしてみる

SenseFrameで映像を動かしてみる

senseframe_image

iOSアプリ「SenseFrame」は周囲の音や、タップ、傾きなどに反応して、簡単にモーショングラフィックスを動かす事ができます。

今回はBlessingの音をスピーカーから流して、サビなどのタイミングに合わせて、タップやフリックしたりをしています。エフェクトの種類がいくつかありますが、Blessingでは帯状+レインボーで固定しています。円形や細かい線状も面白い動きをします。

こちらのサイトにて操作方法やレビューなどを掲載されていますのでご紹介します。

AirServerで録画する

AirServerで録画する

airserver_banner1

AirServerを使えば、難しい設定なしで簡単にスマホ画面の録画が行えます。

BlessingはSINGERS AとBで背景映像が違うのに気づかれた方も多いと思います。何度かSenseFrameで映像を動かし、AirServerで録画しています。

こちらのサイトで、AirServerを使用した録画方法が、とてもわかり易く紹介されています。

また、Windows版では今のところ録画機能はないようです。今後のバージョンアップに期待してます。

最新バージョン(2.0)で、

Windows環境でも録画が可能

になったようです!

操作方法がMac版と異なりますので、以下の公式サイトで手順をご確認ください。
(Mac版とは違い、録画ボタンはないようです)

Share This